ウォーターサーバーを選ぶ際のポイント

お水の種類を確認

シックなウォーターサーバー

ウォーターサーバーのお水は、必ずしも天然水のお水ばかりではありません。

 

水道水をROろ過(細菌やウィルスをも除去できる高性能ろ過器)したものや、ろ過したものにミネラルを添加したものなどもあります。

 

これらのお水が一概に天然水よりも悪いというものではありませんが、「天然水だと思っていたけど、実は水道水をろ過した水だと知ってがっかりした」という方も多いのです。

 

お申し込みの際に、じっくりと公式ページを読み込めば、わかるものですが、初めてウォーターサーバーを使うという方には、難しいかもしれませんね。

 

お水がROろ過したものか天然水かを見分ける簡単なポイントは、ボトルの形状とお値段です。

 

ROろ過されたお水はガロンボトルと呼ばれるポリカーボネート製の硬いボトルに入っているものがほとんどです。

 

また、お値段としては1本、1,000円前後です。

 

公式ページには天然水とか、ナチュラルミネラルウォーターという表記はなく、デザインウォーターとかピュアウォーターという表記があるでしょう。

 

このあたりをポイントに確認してみてください。

 

とにかくお値段を抑えたい、まずは気軽にできるだけ安いもので始めたいという方にはRO水を、お水のおいしさ、美容と健康を意識したお水を飲みたいという方には天然水がおすすめです。

 

赤ちゃんのためならば、あまりミネラルの高すぎない天然水が健やかな成長のためにもおすすめです。


毎月のコストを確認

ウォーターサーバーは、サーバー本体をレンタルして、お水を定期配送してもらうサービスです。

 

ある程度の期間、続けることを前提としているものなので、毎月どれくらい料金が発生するのかを必ず確認しましょう。

 

料金は各社それぞれですが、RO水のウォーターサーバーであれば、サーバーレンタル料が600円〜1,000円程度、お水が1本1,000円前後です。

 

お水は1回の注文本数が2本〜3本と決められているケースがほとんどです。

 

ただし、RO水は注文ノルマがなく、必要な時に都度注文することができます。

 

つまり、お水を注文しない月はサーバーのレンタル料だけが発生します。

 

天然水の場合、サーバー本体のレンタル料を無料としているところが多いです。

 

お水は1本1,500円〜2,000円程度になります。

 

1回につき2本からの注文とするところが多く、毎月1回の注文をノルマとしているケースが多いです。

 

大まかな目安として、RO水なら1か月に2,000円程度、天然水なら3,000円程度ということになります。

デザインを確認

ウォーターサーバーのデザインが気に入って、お部屋に置いてみたい、ぜひ使ってみたいという方も多いようですね。

 

テレビドラマや、雑誌でもおしゃれなアイテムとしてウォーターサーバーがアクセントとなっているように、ウォーターサーバーは都会的なハイセンスな暮らしに欠かせないアイテムとなりつつあります。

 

カラーも清潔感あるホワイトを中心に、シックなブラック、柔らかなイメージのアースブラウン、かわいらしい印象のチェリーピンクなどが人気です。

 

機能面でも、使いやすさとデザイン性を両立させたハイスペックなウォーターサーバーも増えてきており、選ぶ楽しみも格段にアップしています。

 

デザインについてはそれぞれのお好みがわかれるところでもあるので、まずはじっくりと画像で比較検討されてみるといいでしょう。

関連ページ

赤ちゃんや小さなお子さんにこそ良いお水を
赤ちゃんや小さなお子さんにはぜひ良質な天然水を飲ませてあげてください。良質な天然水を育ち盛りのお子さんや赤ちゃんに飲ませてあげることのメリットをご紹介します。